「薬学管理料」がなくなる時代がくる?

ひさしぶりの連日の投稿になります(笑)

ちょっとアウトプットをどんどんしていこうと思いまして、考えたことをどんどん形にしていこうと!

今回は、薬剤師を何かと悩ませる「薬学管理料」についてモノ申したいということで、つらつらと書いていこうと思います。

スポンサーリンク

薬歴ってそもそも必要?

最近というか、これは薬剤師として働きだしてすごく感じたこと。

毎回、薬歴書く必要ある?

っていうこと。

そもそも薬歴の歴史って、先人の薬剤師さんが患者の記録を残していて、それを何とか点数化するように呼び掛けて、それが評価されて制定されたっていうことだったと思います。

大事なのは、必要だったからということ。

でも、それを点数として「お金」がからんできて、なんかおかしな方向に変わってしまった面もあるんじゃないかな~って思うんですよね。

なんか、人って善意でやっていたことに対して、報酬が絡みだすと急におかしくなることってあるじゃないですか。

ボランティアでやっていたころのほうがやりがいあったし、いい仕事できてたよな~っていうことあると思うんです。

薬歴も、最初はしっかり記録を残して経過をフォローしたいっていう、いわゆる善意とか使命感からくるものだったと思うんです。

でも、ある人がどうせ書くんなら報酬がほしいって考えて、それを「調剤報酬」のなかに組み込んでいったわけですよね。

綺麗に言えば、仕事が評価されたっていうストーリーになるわけですけど、最近なんか流れがおかしいんじゃないか?って感じませんか、ね?

SOAPの悪魔

時代が流れて、薬歴ってのが「書けば報酬をもらえるもの」というとらえ方をされて、さらに法的にも「薬歴」をつけることが義務みたいになってきたわけです。

そうなってからは、薬歴は必要か不必要という根本的な議論がなくなり、薬学管理料は算定する前提で薬局運営がされることになりました。

そのなかで、薬歴の質というのが次第に問題視されてきて、いわゆる「質」が高い薬局(薬剤師)と「質」が低い薬局(薬剤師)が混在するようになってきました。

どんだけ質の差があっても、算定できる点数は一緒。

そのうちに、薬学管理料って実際に払う価値があるの?コスパは本当に見合っているの?っていう根本的なところを問題にされて、現在に至っています。

その一つの解決策として「SOAP」という概念がでてきました。

SOAPの詳しい説明はググってもらうことにして、このフォーマットに当てはめて書けば、それっぽい体裁として記録ができますよ!と噂になり、いまや薬歴の定番フォーマットになりました。

最近では、POSという概念もあちこちで叫ばれて、表現を恐れずに言えば「患者の粗さがし」をしなくてはいけない!みたいな勘違いもでてきています。

なんか概念ばかりが独り歩きして、ちょっと気持ち悪いなって思う今日この頃です。

もちろんSOAPもPOSも患者情報を整理する方法としてはよいし、難しい概念でもないのですが、これをやらなければいけないという強制感がなんかしっくりきていないのですね。

「特変なし」が大半では?

何が言いたいのか、といえばですね。

薬学管理料を算定するだけの、言い換えれば「薬学的な介入」が必要な患者ってどのくらいいますか?ってことなんですよね。

大きな声ではいえませんが、ひと昔前の薬歴って「特変なし」だけってのが相当数あったと思うんです。

それと比較して、薬歴に相当うるさくなった今とを比較すると、薬剤師が生む成果って大きく変わったんでしょうか?

少し前に、薬歴をまったく書かずに薬を出していた薬局が億単位の返還を行った事例がありました。

まぁ、それ自体は不正請求でいけないことではあったんですが、別の視点からみると、薬歴を書いていなかったことで、患者側に不都合ってどのくらいあったんだろうか?って思うんです。

これこそが、まさにコストパフォーマンスという点であって、もう一度「薬歴」というものを見直すきっかけだったんじゃないかって思うんです。

もちろん、経時的かつ安全な服薬をしてもらうためには、薬歴は必要だと思うんです。

ただ、その「形式」「業務負担」「経済コスト」「一律性」などいろんな側面から考えたとき、はたして今の状態を維持していってもよいのでしょうか?

これからはメリハリが重要な時代へ

ここからは、私の提案。

今後どういう時代になっていくのかな~って考えたとき、薬剤師の働き方を変えていく他ないなって思うんです。

なぜなら?

国と社会から評価されていないから。

ということは、根本的に業務を変えていくしかないと思うですよね。

いままでと同じことやっていたらダメですよね。

で、現実的に薬剤師の仕事でかな~りの負担がでているのが「薬歴」の記載だって、私自身は思っているんです。(ここは皆さまの意見を聞きたいですが。。。)

そこを変えていかないと、効率的な仕事は難しいと。

カナダの薬局では、薬剤師1人当たり100人の患者を対応しており、日本のような薬歴は記載していないということです(必要な情報のみ記載している)。

医療費を抑える=報酬が下がる=人件費を下げる=薬剤師を減らす

当然、必要なプロセスかと思います。

私はこの「薬剤師を減らす」という部分を、「効率的に使う」に置き換えていければと思っていて、これは実際に在宅に取り組めば実感できるところかと思います。

訪問して、粉砕調剤して、生活面のフォローもして、服用補助食品を提案してなんてやっていると、お一人に対して数時間の時間がかかってしまうことも実際にあります。

在宅医療だけではなく、普通に通院している方々にも「手がかかる」というかフォローが必要な方たちが、潜在的にはまだまだいます。

そして、これからの超高齢化時代。

ますます助けを必要とする患者が増えていきます。

そうなったとき、「特変なし」で問題のない方の薬歴に時間をかけている場合ではないと思うんですよね。

では、具体的には「薬学管理料」はどういう方向になっていくのか?

⇒いまの重複投薬・相互作用等防止加算のように「成果報酬型」にすればよいと思います。

基本的な薬の説明や副作用の説明に関しては「基本料」に組み込んでしまえばよいでしょう。(そのあたりのバランスについては御上におまかせします)

薬学管理料は、毎回算定できるものではなく、慢性疾患であれば数か月に一度などの頻度へ。

具体的なチェック項目を作って、希望のある患者に提供するサービスにする。

アメリカにも糖尿病などでこんな制度あった気がします。

そうやったとしても、薬学管理料ベタ取りの今の状態からすれば、医療費の削減につながると思います。

そして、成果もはっきりしやすい。

必要な人に、必要なだけのマンパワーを注ぐことが今後必要になっていくと思います。

ついに調剤助手(テクニシャン)の認可へ

これはもう時間の問題だと思うのですが、病院では薬剤師以外のスタッフが調剤しているのに、薬局で調剤できないのはオカシイですよね?

そして、国も調剤だけじゃ薬剤師はダメですよって話になってきている。

もはや、これは時間の問題。

そうなれば、投薬制限は必然的になくなり、いままでの業務のみしかやらない薬局では薬剤師の数が激減するでしょう。

必死に薬剤師をかき集めていた経営者もハッピー、点数を下げて医療費も削減できたお国もハッピー、みんなハッピー。。。あれっ?薬剤師は・・・?

っていう流れに絶対なっていくわけですよね。

でも、これでいいのだ~!(バカボン風)

そうすれば仕事って変わらざるを得ないし、浮いた薬剤師は在宅なり、手厚い指導などもっと時間をかけたかった仕事に注力せざるを得ません。

時間をかけて薬物間相互作用や投与量を検討したり、今後でてくるであろう医療ネットワークを使った情報共有を利用してもよいでしょう。

服薬後の経過をフォローする電話連絡を行う時間に充ててもよいでしょう。(当然、点数なんかつけなくても、薬歴は残しますよね 笑)

夢は広がりんぐです!

ただ、「薬学管理料」の二の舞にならないように「あそび」の部分って大事にしてほしいって思うんですよね。

なんでも点数化したりとか、むやみに算定条件を非現実的に厳しくしていくんじゃなく、若い薬剤師のやる気にかけてほしいですね。

まずは、長い視点で薬剤師の仕事っていうのも模索させる時間にしてもいいのかなって思うんです。

もう時代はネクストジェネレーションです。

お、今回はNext Pharmacistっぽい話題になった気がします(笑)

それでは、今日はこの辺で!

スポンサーリンク

お役にたった時のポチっとシェアボタン

フォローはこちら!

コメント

  1. 匿名 より:

    ブログを読んで、立派な薬剤師さんなんだと思いました。
    薬剤師さんが認められないのは、仕事の割に報酬が高すぎること。
    医療崩壊を防ぐために、犯罪を犯さない限り守られているコトだと思うのです。
    周りより優遇されているので、偉そうにしている人も沢山見ました。
    勉強を沢山して、高い学費を払ったんだ、と仰る方もいますが、それは他の分野の方もおなじです。
    皆があなたのような薬剤師さんなら、批判されることも無かったのかもしれませんね。

    • しゅがあ より:

      貴重なコメントありがとうございます。

      薬剤師も色々な分野で活躍している方々がいらっしゃるので、一口には評価できないと思うのですが、「薬局薬剤師」に限っていえば風当りが厳しいのは間違いありません。

      ご指摘いただいた印象が一般的なイメージと思います。しかし、すべての薬剤師の能力、やる気が低いというわけではなく、薬局を取り巻く環境もなかなかに難しいということはご理解いただきたいところです。

      記事でも触れたとおり、一言でいえば「非効率」「制約」の塊みたいな業界です。

      そもそも医薬分業がコスパに見合っていないですし、患者の不便を増やすだけです。

      必要であれば院内に薬剤師一人置けばよいはずです。

      調剤そのものは誰でもできますし(今はいわゆる調合作業はありません)、もっと専門知識を活かせる業務に特化すべきです。

      本人でも気づけないようなよほど特徴的な副作用があれば別ですが、いつもと同じ処方であれば「お変わりないですか?」の一言でOKですよね。

      生活状況の聴取などはアンケートでもOKですし、今後は自動化が進んでいくと思います。(薬剤師でなくてよい)

      本当に必要なのは、薬の投与量のチェック、アレルギーや臓器障害などの体質のチェック、併用の問題、服用方法(粉砕も含めて剤型選択)、必要であれば薬剤の変更相談などです。

      そういった本来の業務に集中できれば、間違いなく評価してもらえる職種になると思います。

  2. 猫好き より:

    当たり前の業務の一部として、服薬指導記録の記載がある。
    私はこう思っています。
    患者さんとの話から、病状把握や、服用している薬による副作用がないかを考えること
    が必要です。単に勉強ができるだけではなく、患者さんという一人の人間に対する
    尊敬の念を持ち、業務に当たる必要性があると感じています。

    実習してみて、さまざまな事項を目にしてきましたが、薬学管理料がそもそも
    必要なのかなという疑問を抱くようになりました。

    当たり前に服薬指導をした後にSOAP形式で記載している薬剤師の先生方。
    その時に記載される一言一言が、違う人が見たときの今後の服薬指導の糧になる
    ものであって欲しいという気持ちが込められていると感じます。

    患者さんとの何気ない会話の中で、ちょっとした違和感を感じれることも
    必要なことであると、今回の記事を見て感じました。

    ありがとうございました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)