「絶対に覚えておきたい疾患別薬物相互作用」

2013.2.10に出版された薬物相互作用の新刊。

薬剤師と医師の差別化を考えたとき、
「薬物間相互作用」の視野をもっているか?
は大きなポイントになる思っています。

この本で面白いのは、薬効別ではなく
「疾患別」に各章が構成されているところです。

・高血圧
・糖尿病
・関節リウマチ
・COPD


など各疾患で使用される薬剤とその相互作用
について分かりやすく記載されています。

また、作用メカニズムなどについても
イラスト付きで非常に理解しやすいかと思います。

各ページでは、実際の症例が挙げられており、
机上の理論だけでは終わらないところも気に入っています。

実際の現場では、
「併用禁忌」以外であれば
処方変更まで行えることは少ないかもしれません。

しかし、視点をもっていれば、
併用後の経過で起こりうるリスクを
想定することはできるはずです。

一般の方は、「薬の飲み合わせ」について
非常に興味をもっているという実感があります。

そういう疑問に自信をもって
応えられる薬のプロでありたいものです。

『ちいさいことをかさねることが、
とんでもないところに行くただひとつの道』
イチローの言葉

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク