EBMをはじめるためのキーワード

EBM×ーワード

ディオバン騒動など、最近は特に
EBMについて考えるよい機会に恵まれる。

漢方や民間療法など数百年、数千年の
スパンで築きあげられてきた治療法に対して、
短い期間で検証される新しい治療法や治療薬。

今の医療では大規模な臨床試験と
それに基づくデータ解析は必須のものと言っていい。

今回の騒動ははじめ、
データを自分なりにいかに解釈・判断し、
使っていくのかということが求められる時代だ。

今回は、論文や臨床データを見る際に
役立つキーワードについてまとめたい。

 1.PECO

論文や臨床試験の「目的」と「結果」
を整理するためのフォーマット。
下記の頭文字をとったものである。

P:Patient(どんな患者に)
E:Exposure(どんな治療、検査をして)
C:Comparison(何と比較して)
O:Outcome(どんなアウトカムの変化があるか)

何を目的として試験なのか、
どんな条件のもと比較したのか、
そしてどんな結果が得られたのか?

これをはっきりさせて理解しないと
そこから正しい知識や見解は得られない。

2.ランダム化比較試験(RCT)

現在、治療効果を検討するために
最も妥当性が高いとされている研究方法のこと。

対象者をランダムに割り付けることで、
年齢や生活環境、重症度などの背景因子が
偏りなく分けられる。

これにより、治療効果を公平に検討することが可能になる。
詳しく記事を書いているので気になる方は参考までに。
http://next-pharmacist.net/archives/915

3.メタ解析(メタアナリシス)

同じ治療法・予防法、検査法、危険因子
などを検討したいくつかの研究について、
それぞれの結果をひとつの指標で統合した研究のこと。

多数の試験結果を合算して分析したものであるため、
RCTのメタ解析の結果は、治療効果を検討する上で
特に重要となる指標である。

4.相対危険(度)

治療効果を検討するためのひとつの指標で、
治療群でのイベント(副作用など)発生の割合を、
対照群のイベント発生の割合で割ったもの。

つまり相対危険が、
1より小さければ「有益」、
1より大きくなれば「有害」である。

例えば、相対危険が0.8という場合、
治療群では対照群に比べてイベント発生が
20%少ないという意味になる。

後ろ向き研究(過去のデータを遡った研究)
の場合は、オッズ比というのが指標になる。
(治療群:イベント有/イベント無)÷(対照群:イベント有/イベント無)

5.95%信頼区間

これがよく統計で使われるキーワード。
ある研究結果をもとに、
実際にその治療を実施した場合の値が95%の確立で
そこに収まると類推される範囲のこと。

逆に5%の確率で、
この範囲に入らないことがあるということでもある。

相対危険度0.68 [95%信頼区間:0.55~0.80]
という表記があった場合、
平均値が0.68で、治療効果を少なく見積もった場合0.80、
大きく見積もった場合0.55と評価できる。

この範囲がすごく大きい場合は、
それだけ治療効果がばらつく恐れがあるということ
なので注意が必要になる。

以上、簡単なキーワードについてまとめた。
結果だけをみると、「優位な効果が認められた」
という場合も、こういった指標を詳しくみてみると、
あれ?ってことが実は多いかもしれない。

結局のところ、データを解釈する人が
どのような価値観や判断基準で解釈するかに
試験データの意味は委ねられている。

自分でしっかりと理解して、
判断できる力を身につけたいものである。

参考:日経DI 2013.6

スポンサーリンク

お役にたった時のポチっとシェアボタン

フォローはこちら!

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)