<目薬>Q.寝る前に点眼してはいけないの?


A.ほとんどのケースで問題ありません。

「寝る前に目薬を使ってはいけないよ!」
と人から言われた経験のある方は
結構いるのではないでしょうか?

それは昔は一理あったようなのです。
ひとつは点眼薬の添加物にあります。

過去に使用されていた殺菌剤の中に、
チメロサールという水銀製剤がありました。

チメロサールが含まれた点眼薬では、
就寝前に点眼すると角膜などに吸着して
悪影響を及ぼすことから、就寝前の点眼を控えるような記載がありました。

しかし、現在ではチメロサールは点眼剤の添加物
として使用されていないため問題ありません。

また、以前は「硫酸亜鉛」という刺激の強い成分を含むものがあり、
眼の中に長く残ることで組織障害が起きる恐れがありました。
こちらも現在ではほぼ使われていないので安心でしょう。

これらとは逆のケースで、
寝る前に点眼することの多い点眼薬もあります。
その一つが「キサラタン点眼液」です。
これは緑内障に使われる眼圧を下げる点眼薬です。

寝る前に点眼する理由としては、下のような理由があります。

◆キサラタン点眼液の眼圧降下効果は、
点眼後8~12時間で最大となる。

ヒト日内眼圧変動のピークは午前10~12時であり,
この時間帯に薬の効果がみられるように
夜就寝前の点眼が最も良い。

◆点眼した後に眼が充血することがあるから。
充血しても痛みなどがなければ特に問題ないが、
昼間だと目の充血が目立ち、気になることがある。

意外にこういう素朴な疑問が使う方にとっては
不安になったりするものですよね。

以上、少しでも参考になれば幸いです^^。

スポンサーリンク

お役にたった時のポチっとシェアボタン

フォローはこちら!

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)