吸湿性を侮るな!~オーグメンチン錠~

o-gumenchin

FBにてシェアされていた実験です。

右の錠剤はPTPに穴をあけ、9日間経過した後の状態です。
クラブラン酸が吸湿すると褐色の粘稠になるとのことです。

コーティング部位には全く変化がみられないので、
本当に割ってみないと分からないですね。。。

効果に大きな影響があるかについては
記載ありませんでしたが、
これは衝撃的な画像でした。

比較的吸湿性のある薬剤を一包化する
ということは、現場では少なくありません。

外側の「見た目」だけで問題ないと判断するのは
今後注意しなければならないなという情報でした。

PTPや包装から取り出すというのは、
現状ではやむを得ない状況があります。

「服用のしやすさ」と「保存性」
どちらを優先するのか?
両者を共存させる方法はあるのか?
今後の重要な課題になりそうですね。

スポンサーリンク

お役にたった時のポチっとシェアボタン

フォローはこちら!

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)