抗血栓薬と止血薬を一緒に使う理由とは?

血栓薬×血薬

処方

・カルナクリン錠50IU 3錠

・プレタール錠50 3錠

・アドナ錠30mg 3錠

1日3回 毎食後 14日分

この処方をぱっとみたとき、
経験の浅いときは「?」でした。

血を止めたいの?
血流をよくしたいの?
どっちなんだい!って思うわけです。

ちなみにこの処方はどんな疾患に
使われたのでしょうか?

答えは眼底出血です。

その中でも「網膜静脈閉塞症」
を原因とした眼底出血です。

網膜静脈閉塞症には2種類あって、
・網膜静脈分岐閉塞症
・網膜中心静脈閉塞症
があります。

<網膜静脈分岐閉塞症>
動脈との交差部位に静脈閉塞が起きた疾患。

・網膜は非常に薄い組織なので、
動脈と静脈の交差部位は血管壁の外膜を
共有している。

・網膜の動脈硬化により血管壁の肥厚を
生じると、静脈側にも狭窄が生じ、
静脈血がうっ滞する。

・結果、眼底出血や網膜浮腫が起き、
視野の欠損を生じる。

<網膜中心静脈閉塞症>
・血圧の急激な変動や血管の炎症により、
網膜中心静脈の根元の部位に閉塞が起きた病態。

・出血が眼底全体に広がり、
視野欠損が広範囲になることが多い。

どちらのタイプでも。。。

・出血を放置すると、血管壁が脆弱な
新生血管が網膜内の生じる

・増殖網膜症や硝子体出血が起き、
視力障害がさらに進行する。

この病態のメカニズムから、
最初に示した処方内容を考えます。

<カルナクリン(カリジノゲナ-ゼ)>
酵素作用によりキニンを遊離させ、
PGE2、PGI2の産生を促進することで、
血管を拡張し、血流を改善する。

網膜静脈の血行改善を目的に使います。
最初に血管詰まりを改善するわけです。

<プレタール(シロスタゾール)>
cAMPホスホジエステラーゼを阻害し、
血小板凝集を抑制する。
つまり、網膜静脈に血小板血栓が
形成されるのを防ぐわけです。

血栓ができ、静脈の閉塞するのを防ぎます。

<アドナ(カルバゾクロムスルホン酸Na)>
血小板数やPT(プロトロンビン時間)
には影響を与えず、毛細血管壁を強化し、
透過性を低下させることにより止血効果を示す。

血液凝固能には影響しないので、
血栓を原因とする出血に対して処方されます。

これらの3剤を合わせることで、
出血を抑えつつ、原因である網膜静脈
の閉塞を防ぐという意図があるわけです。

以上、簡単な説明でした、
出血を止めるだけ対症療法だけを
考えると、この処方の意図は見えてきません。

眼底出血を起こす原因は何なのか?
を踏まえたうえで練られた処方ですね。

薬の説明書だけの「効果」をみると
一見矛盾する処方ですが、
中身を知るとなるほどな~と思うお話でした。

以上、なじみのない方のお助けに
なれば幸いです^^

~今日の名言~
「人から言われてやった練習は努力とは言わない。」
出典:MAJOR

スポンサーリンク

お役にたった時のポチっとシェアボタン

フォローはこちら!

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)