【副作用学講座Vol.7】ウブレチド(ジスチグミン)の下痢は致命的!

こんにちは、第7回です。
今回はウブレチド(一般名:ジスチグミン)
による”下痢”がテーマです。

このジスチグミンの誤調剤による
痛ましい死亡事故がありました。

マグミットという下剤が処方されるところ、
毒薬指定されている「ジスチグミン」が
調剤され、患者の手に渡ってしまったということでした。

毒薬に指定されていることからも、
ジスチグミンは副作用をしっかりと
モニタリングしなければならない薬です。

今回は特に注意すべき副作用と
その検査法、初期症状などについて
まとめていきます。

◆コリン作動性クリーゼとは!?

まず「クリーゼ」っていうのは、
英語のcrisis(危機)と同じ意味を指します。
ドイツ語読みでクリーゼと読みます。

内分泌の急激な欠乏・過剰により、
危機的な状況に陥っている状態を指します。

コリン作動性とついているので、
「アセチルコリン」が過剰になって
起こる危機的な症状ということですね。

ジスチグミンは「ChE(コリンエステラーゼ)」
を阻害して、アセチルコリン(ACh)の分解
を抑えるために、体の中でAChが溜まってしまいます。

なので、副作用もその機序に従った
さまざまな症状が起こるのです。
「下痢」が最も多く、次いで悪心・嘔吐、
腹痛、徐脈、発汗、流涎、喀痰などがあります。

お腹がゴロゴロして痛む、
水のような下痢、
吐き気、
唾液が増える、
痰が増える、
汗・涙が出る。。。

これって、つまり「副交感神経」
過剰に刺激されて起こる症状だということ
が分かります。

これらの初期症状を放置すると、
意識障害、縮瞳、呼吸不全、痙攣など
致命的な状態に移行してしまいます。

◆CKDや高齢者では注意せよ!

ジスチグミンの半減期は70時間です。
つまり定常状態(血中濃度が安定)に
達するまでに約2週間かかります。

また、ジスチグミンは腎排泄型の薬剤
なので、CKD(慢性腎臓病)や高齢の
患者ではさらに体に溜まりやすくなります。

よって、こういった患者では、
特に投与2週間については
上記の初期症状をモニタリングしていく必要があります。

◆ジスチグミン服用中はChEを検査せよ!

上で説明したように、ジスチグミンは
それ自体が直接作用するわけではなく、
ChEという酵素を阻害することで効果を発揮します。

【作用機序】
ChEが阻害され活性が低下する。

アセチコリン(ACh)の分解が抑えられ、
シナプス間隙のAChが蓄積する。

・副交感神経支配臓器に対してムスカリン作用
・骨格筋の神経接合部でニコチン様作用

↓つまり。。。

手術後や神経因性膀胱では。。。
⇒膀胱の収縮を助け、排尿をスムーズにする。

重症筋無力症では。。。
⇒筋肉神経のAch受容体
が自己免疫により障害を受けている。

ジスチグミンは筋肉を収縮させる
ACh(神経伝達物質)を増やすことで、
筋肉の神経の働きをよくし、筋力を回復させる。

よって、このChEの検査というのが、
ジスチグミンの副作用を判断するのに
役立つというわけです。

目安として、血清ChE値が投与後に
20%以下に低下している場合に重篤な
副作用が現れると言われています。

投与前にこういった詳しい検査をしている
ケースは少ないので、あくまで初期症状
をみていくことが基本になります!

 ◆副作用が起こってしまったら?

【初期症状の段階で発見し、軽症の場合】

・アトロピンの皮下注or経口投与

・腸管除染
下剤投与(クエン酸マグネシウムなど)、胃洗浄

・可能なら胃液、血液、尿中の定性試験

【けいれん、呼吸不全など中等・重症の場合】

・呼吸・循環管理
(酸素投与、気管挿管、人工呼吸)

・アトロピンの静注(one shot、持続静注)

・腸管除染

・胃液、血液、尿中の定性試験

アトロピンでアセチルコリン受容体を
ブロックして薬理的に対処します。

また可能な限り、体内のジスチグミン
を取り除きつつ、必要ならバイタルを
維持していくという方針ですね。

以上、ジスチグミンの副作用は
初期症状に注意して早めに対処せよ!
ということでまとめました。

ちなみに。。。!
ジスチグミンの用法は
コリン作動性クリーゼの発現防止のため
変更になっています。

「手術後及び神経因性膀胱などの低緊張性膀胱による排尿困難」に使用する際は、成人1日5mgのみとなっている(従来は成人1日5~20mg)。

<前の記事へ   次の記事へ>

スポンサーリンク

お役にたった時のポチっとシェアボタン

フォローはこちら!

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりの薬剤師 より:

    ウブレチドの副作用について調べておりたどり着きました。参考になりました。
    ただ、慢性腎臓病がCDKと記載されていますのでCKDへ訂正をお願いいたします。

    • しゅがあ より:

      通りすがりの薬剤師 様

      すみません、ご指摘ありがとうございました!
      すごく恥ずかしいですね^^;
      また何かミスを見つけられた際は、ご指導いただければ幸いです!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)